Pe@ce

にっきちょう

間違った練習法&正しいと思った練習法について

FFの方が書かれた記事を拝読させていただきました。これなかなか興味深いので皆さん読んでください。

 

kakuyasusimkei.com

 

これを読んで敗北者&勝者両方の立場を経験した人として、自分の練習法でどこがダメだったか、よかったかなと思うところを個人的にまとめて書いてみようと思います。

 

 

はじめに

 

僕のLR2のプロフィールの一部をまず見てください。

 

f:id:tm32:20200428133026p:plain

 

これを見てあれっと思った人がいたら多分勘が良いです。次にこちらを見てください。

 

f:id:tm32:20200428133123p:plain

 

もうお気づきですね?そう、

 

僕は発狂十段に癖がつき、発狂十段を不合格のまま発狂九段から発狂皆伝に飛び級しました。

 

 

回数の差も歴然ですね。なんでこうなったか+発狂皆伝までのルートについて書いていきたいと思います。

 

ちなみに

 

f:id:tm32:20200428133404p:plain

f:id:tm32:20200428133500p:plain

それ以外もまあひどいことになっています。

 

失敗編

 

そもそも、まず段位やリコメンドなど目に見えてわかる地力、実力に固執しすぎていたところがありました。まず言いたいのは他人と自分を比較して段位を受けたりするのは絶対にやめましょうということです。段位はある程度の実力の指標になるとはいえ譜面傾向的に得手不得手ができてしまうと思います。(あとはLR2は正規固定、beatorajaでも正規系op固定なので正規系配置が得意か不得意かで難易度全然違います)リコメンドに関しても減ることを恐れて未プレイの譜面をプレイすることを嫌がってしまったところがありました。

 

環境

 

23インチのモニター+DAO FP7を用いた座り環境。(スイッチ25g、バネ20g)

 

練習法

 

基本的に週6~7、毎日暇があったら2時間くらいはやっていたと思います。★1~5の譜面を使ってスコア狙い+指慣らし→未難潰し→イージー狙いという形をとっていました。比率的にはおよそ1:7:2でした。(失敗点1)基本的に今現在の自分のリコメンドよりも未プレイかつイージーリコメンドが低い曲はやるのを避けていたor全埋めのために稀にやっていた感じなので本当に曲によってプレイ回数のムラがかなりできていたと思います。

 

また、ディレイ系の譜面が好きで逆に物量や微縦連交じりの譜面が苦手でそういうポイントでも逃げていたところがあったと思います。

 

あとこれは今もなのですが基本的に乱を使うため正規系配置に対する抵抗力が全然なかったと思うので取り入れるべきだったかなーとは思います。

 

外部難易度表とのかかわり方

 

発狂六段だったころらへんにStella難易度表、Satellite難易度表の存在を知り、導入しました。上で書いた通りリコメンドが減ることを恐れていたため、逆にリコメンドに干渉しない練習差分が無限にあることがとても救いでした。st0イージー狙いくらいまではとても愛用していたと思います。

 

ハード狙いについて

これは本当にやめた方がいいんですけど基本的に譜面はランキングから借りていました。そりゃそうなんですよね、ハードつくことによってリコメンドが上がることがモチベの一部になっていたのでハード狙いたくなっちゃうんですよ。要は手段と目的が入れ替わっていたんですね。リコメンドは実力の指標にはなりますがあれが上がったからと言って★19.99の自分と★20.00の自分で何が違うのでしょうか。わかりませんでした。

 

譜面を借りることによって当たり譜面を入手出来てとても楽ちんなんですけどたまにはハズレ譜面とも向き合ったりしていろんなパターンの譜面を押せるようになった方が将来的に強いです。

 

段位との向き合い方について

 

23k.hatenablog.com

これにおふざけ半分まじめ半分で書いた通り基本的にBMSmp発狂段位全般で癖をつけ、それを地力で殴る感じで克服()してきました。本当にやめた方がいいです。メンタルやられます。

 

 

 

ここまでが~発狂九段までの練習法とかそこらへんでした。発狂皆伝を狙い始めるにあたってここからの改善ポイントとかを書いていきます。

 

成功編

環境

 

40インチのTV+PHOENIXWANを用いた立ち環境(スイッチ25g、バネ40g)

 

1日のルーティン

まずプレーする日が週6,7→4に減りました。理由は単純で指を休める期間を置いた方が実力を発揮できると思ったからです。これが多分大成功で、今★23以上の譜面をどんどんやっても指の疲労感が減りました。プレー時間に関しても前は1日2時間程度で疲れていたのが3時間以上できるようになりました。

 

プレーの比率に関しても3:4:3くらいになったと思います。発狂難易度表を★1から再度スコアのために埋め直し始めました。

 

f:id:tm32:20200428140046p:plain

 

スコア狙いに関してはIIDXのアリーナを意識しても練習し始めていて、そのおかげでBPIに関しても10程度だったのが今30近くまで上がってきたので大分よくなってきたと思います。

 

外部難易度表との関わり方

Satellite難易度表に関しては発狂皆伝を狙ううえでハード狙いの目的ではほとんど使用しなくなりました。sl0~3くらいの難易度のスコア狙いで使う程度ですかね。

 

Stella難易度表に関してはお世話になりました、といっても全埋めはせず、一部の曲を毎回やるとかそんな感じなんですけどね、単純に面倒くさいです

 

SatelliteとStellaの埋まり具合はこんな感じになりました。(なんでst8にイージーついているんですか?)

 

f:id:tm32:20200428140751p:plain

 

f:id:tm32:20200428140512p:plain

 

ただ発狂皆伝埋まる前日とかその前あたりはStellaは触らずに★21ラブジャスのハード狙いや★24ラブジャスの平均BP測定とかしていたり★21のハード狙いや23のイージー狙いをずっとしていたのでどのくらい貢献してくれたかというとなかなか難しい問題です。

 

段位とのかかわり方

 

発狂皆伝に関しては絶対にドッペルで癖がつくと教えられてきたので余り触らなかったですね。逆にダークサンバの後半で落ちることの方が多かったです。葬送歌までたどり着いたのが2回だったんですけど1回目やった時全然見えなくてまだ受けるタイミングじゃないと教えてくれたのがめちゃくちゃよかったと思います。

 

発狂十段の何がいやらしいかって4曲目以外全部癖あるんすよね。最初発狂九段の時は3.14が壁高すぎて、ただやっているうちにAltaleの開幕階段に癖がついて、でそれを練習して受けると今度は多重極展開のガチ押しやその後の特徴的な配置でゲージが40%減ると。yumetherは段位から出禁にしてほしいです。

 

オススメ譜面

この曲をやっとけばいいってものを書きます。

 

発狂難易度表から

・★24 Love & Justice

 

本質ですね。ある程度の地力までたどり着ければやればやるほどどうすればゲージ保てるのとかわかるようになってきたと思います。プレイ回数42回

 

逆に★21ラブジャスハードが発狂皆伝指標って聞いたことがあるんですけどそんなには指標にならないかなーって思います。大分必要な地力が違うと思うので。

 

・★21 Moon-gate

 

曲が単純に好きで結構やっていました。このおかげでディレイの地力ついたので発狂九段くらいからやるべきだと思います。

 

overjoy難易度表から

 

・★★2 円環の理

 

これ、めちゃくちゃ本質だと思います。前半の密度濃い乱打や後半のディレイで耐える地力がつくのでハード狙ってみるのが良いと思います。

 

Stella難易度表から

・st4 スーパーイザナギオブジェクト

 

ダークサンバの微縦連とかなんやかんやで役に立ちます。かなりの体力譜面なのでこれ1曲通してできるようになったら大分発狂皆伝適性地力くらいあるんじゃないですかね。

 

・st1 On And On!!

 

BAECONさんの譜面は数あれどこれはその中でもピカ一の楽しい譜面だと思います。おすすめです。

 

 

さいごに

なんだかんだ書いてきたんですけど本当に言いたいのはラブゴ抜けた時の脳汁の出方はマジでやばいから頑張ってくださいってことです。応援しています。

 

おまけ

 

発狂難易度表のクリアランプ

f:id:tm32:20200428143051p:plain

 

 

 

https://twitter.com/Canoso_zo_IIDX/status/1249723231801446400?s=20